各種検査内容 | ノア動物病院

各種検査内容Various examination content

検査内容examination content

血液検査Blood test

ワンちゃんやネコちゃんの血液を採取し、数値の上昇や減少を正常値と比較することで、どの臓器が異常を起こしているのかを検出します。

レントゲン検査Roentgen Examination

X線を利用して透過写真を撮影し、臓器それぞれのコントラストを利用することによって影絵を作り出します。
各種臓器の正常な位置関係と大きさ、さらにコントラストが適切についているかなどを読み取り(「読影」といいます)、どのような状態で、どのような疾患なのかを絞っていきます。
写真での検査になるので、全体的に異常がないかどうかに主眼を置いた検査となります。
また、骨折、脱臼などの整形外科的な疾患であればレントゲン撮影を必ず行い、手術を実施するかを検討していきます。

心エコー図検査Preoperative Echocardiogram

心臓は全身に血液を送る役割を持つ大変重要な臓器です。
この検査では心臓の形、心房の大きさ、血液の逆流の有無、速度などを超音波ビームを用いて測定し、どの心房や弁に異常があり、どんな病状なのか、どのような薬が必要なのかを判断していきます。
心臓病は中年齢から徐々に発生が増えますので、「咳」、「運動するとすぐに疲れる」、「失神」などの症状が見られるのであれば、一度検査をお勧め致します。

腹部エコー検査Abdominal ultrasonography

身体検査、血液検査、レントゲン検査の結果を見て、腹部臓器の異常が疑われる場合に行う検査です。
超音波によって臓器に出来るコントラストを正常と比較し、臓器そのものの構造が乱れていないか、腫瘍が出来ていないかなどを検査していきます。
超音波検査は「現状・今の状態はどうなっているか」を検査するものなので、その変化を時間を追って観察していくことなどに適した検査です。

便検査Fecal examination

便検査をする事で寄生虫の感染を見分けます。
寄生虫は放っておくと重症になる場合がありますが、 初期段階で発見する事で、事前に防ぐ事ができます。

尿検査Urinalysis

尿検査では、腎臓の機能を検査します。
また、糖尿病や腎不全、結石の有無についてもわかります。
泌尿器系の炎症など、その他さまざまな症状を把握する事ができます。

細胞診検査Cytology test

血液などの体液・腫瘍等を採取し、細胞の形態等を判断します。
当院では2台の顕微鏡を完備し、検査に当たっております。

皮膚検査skin test

皮膚から角質や被毛を採取して顕微鏡で観察し細菌や寄生虫の感染がないかを検査します。

眼科検査Ophthalmic examination

眼はコミュニケーションをとる上で重要な器官であるた め飼い主さんにとって異常が発見されやすい臓器です。
眼が赤い、眼が白い、目やにが多い、眩しそうにしているなどは重要な疾患のサインとなることがあります。

血圧測定Measurement of blood pressure

人間と同じように動物たちの血圧を測定します。
最高血圧、最低血圧、平均血圧を測定し、高血圧症の診断をします。
また、手術後の状態管理、心臓病、腎臓病の際に薬がきちんと効果が出ているか確かめます。

院内細菌培養検査Hospital-acquired bacterial culture test

各種検査にて細菌が認められた場合に、どの抗生物質が有効なのかを迅速に判断したい場合に検査をします。

内視鏡検査Endoscopy

嘔吐や下痢などの消化器症状がある場合に、小型カメラを使用し、内部の粘膜構造を確認しながら、場合によっては一部を採取し、顕微鏡での検査を行います。
また、誤食の場合も開腹手術をすることなく摘出できる場合があります。
当院ではカメラを2本用意しており、ほとんどの大きさの子に対応が可能となっています。

CTCT

CT検査はエックス線を使って身体の断面を撮影する検査です。
腫瘍に対しての血管の走行を把握することも可能なため、手術の安全性を高めるためにもCT検査は重宝します。
体内の様々な病巣を発見することができますが、特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変に関しては、優れた描出能が知られています。
当院では、低被ばくと高画質を両立したキヤノンの「Aquilion™ Lightning」を導入しております。

外部検査External inspection

当院では、信頼できる外部機関に検査を依頼する場合がございます。各種検査結果の内容により、必要であればより精密な検査を外部機関に依頼致します。