病院設備紹介 | ノア動物病院

病院設備紹介Appointments

院内紹介Hospital

当院外観Appearance

病院上部に看板を配置し、横に夜になると点灯する行灯を新たに設置いたしました。
遠くからでも視認しやすくいたしました。

入口には車椅子の方もスムーズに上がれるよう、低い角度でのスロープにしております。

入口・受付Entrance / Desk

待合Waiting Area

広くゆったりとしたスペースを確保しながら、明るい雰囲気となっております。
院内のテレビにて飼い主様への情報発信や普段から動物達に見ていただきたい事などを放送しております。
「犬待合室」と「猫待合室」をわけ、動物のストレスの軽減に配慮いたしました。
また、二階の待合室や外のベンチなどでもお待ちいただけますので、他のワンちゃんネコちゃんが苦手な子は受付にお声かけのうえぜひご利用ください。
不十分ではございますが、お水・ホットコーヒー・飴などをご用意しており、待ち時間を少しでも退屈しないように心がけております。

診察室Dispensary Room

レントゲン検査、エコー検査、細胞診検査、手術写真などの処置及び検査画像を診察室に設置しているパソコンに表示できるようにし、飼い主様に分かりやすく説明できるようにしています。また、過去の検査画像と比較することで異常所見の比較をしていきます。

レントゲン室X-ray

レントゲン検査が必要な際に放射線発生装置を使用し検査する部屋です。
X線を利用して透過写真を撮影し、臓器それぞれのコントラストを利用することによって影絵を作り出します。

超音波検査室Echography Room

超音波検査は、暗室で行う方が画像を見る際に異常がわかりやすいため、超音波検査専用の部屋で行うようにしております。
超音波検査機は、触診・血液検査・レントゲン検査・尿検査などで異常が認められた場合に超音波ビームを使って臓器の内部構造を確認したり、聴診で異常が聴取された場合は、心臓の形態・血流情報を検出し、異常を特定できる場合があります。
当院では2台の超音波検査機器を設備しております。

入院室Hospital Room

入院中のストレス軽減のために「犬用入院室」と「猫用入院室」で分けたほか、診察中にすぐに見られる位置にも入院犬舎を配置し、常に状態を把握しながら診察や業務にあたることができます。
「犬用入院室」には大型犬用の犬舎もありますので、大きなワンちゃんにも対応できます。
また、新しく「隔離入院室」を設け、伝染病などの入院患者を管理し院内感染にもより一層配慮しました。

手術室Operating Room

当院では避妊・去勢手術はもちろん、椎間板ヘルニア・肝臓腫瘍・脾臓腫瘍・膝蓋骨内方脱臼・骨折整復術などの様々な手術に対応できる設備を完備しております。

機械・設備の紹介Appointments

ICU装置ICU equipment

重篤な状態の子は診察室に併設してある入院室で管理しております。
その中でも特に集中的治療が必要と判断した場合にはICU装置治療室で管理します。
ICU装置は、温度、湿度、酸素濃度が管理できる装置で、様々な疾患により体温維持、酸素濃度維持などが困難な場合に使用します。

点滴機器Infusion equipment

静脈の血管に設置した針から持続的に薬剤を投与する際に必要となる機械です。
その子の状態を確認しながら必要量を決定、適宜変更しております。
当院では2種類の点滴機を使用しております。

整形外科機械Shaping machine

骨折、椎間板ヘルニア、膝蓋骨内方脱臼、その他の整形外科疾患で使用する機械です。
この機械を用いてプレート、ピンなどのインプラントを設置したり、骨を削ったりします。

超音波スケーラーUltrasonic scaler

歯科処置の際に歯石を除去するために使用する機器です。
超音波による振動でついた歯石を細かいものまできれいに洗浄します。
口臭が気になる、顔が腫れているなどは歯周病のサインだったりすることがあります。

ネブライザーNebulizer

肺炎、喘息などの呼吸器疾患の子に使用する機器です。
液体の薬液を霧状にして吸ってもらうことにより気管支を拡張したり、抗生剤を投与し呼吸状態の改善をいたします。

ポータブル歯科レントゲンPortable dental rentgen

手術中、処置中にレントゲン撮影が必要になった際に患者をレントゲン室まで移動することなく撮影できるコードレスタイプのレントゲン機器です。
整形外科手術でのインプラントの設置や歯科処置の際に使用します。

クリーンベンチClean bench

再生医療を行う過程で細胞増殖を行いますがその際、埃や細菌の混入を防ぎ、無菌状態で作業するための機械です。
機械内には外部の雑菌が装置内に混入することを防いでいます。

生体モニターmonitor

手術時および心肺停止などの緊急時に使用する機械です。
心電図、血圧、血中酸素飽和度、呼気中二酸化炭素濃度などを継時的に測定し、重要臓器の状態を総合的に判断し吸入麻酔量の調節、輸液量の調節、異常に対して薬液の投与を検討します。
当院では2台の生体モニターを完備しております。

吸入麻酔機Anesthetic Instrument

手術を行う際に呼吸をすることにより、麻酔がかかる機械になります。
注射による持続的点滴を使用するバランス麻酔を基本として行っており、吸入麻酔機は2台完備しております。

人工呼吸器Artifical Respirator

手術をする際や内視鏡検査などの全身麻酔が必要な検査の場合に、圧力を肺にかけることにより、吸入麻酔の深度調節・呼吸管理を行います。

電気メスCautery Knife

手術による出血を止めたり、臓器に癒着がある場合に取り除く機械です。

オートクレーブ滅菌器Sterilizer

手術の際に用いる器具に対して、細菌を死滅させる機械になります。

高周波メス・超音波メスhigh frequency scalpel・Ultrasonic wave scalpel

高周波メス様々な術式に適応可能な高周波焼灼装置です。
多彩な設定が可能で、従来の電気メスより周りの組織への損傷を抑えつつ、 組織や血管をより確実に止血、閉鎖することができます。

超音波メス超音波振動を組織に与えることによって凝固、切断する機械です。
電気メス等より低い温度で凝固できるため、周囲組織への悪影響が少なく済み、 縫合糸を使用せずに、「血管を止めて切除する」という工程が一度で可能となるため、 術後の合併症へのリスクの低下、麻酔時間の大幅な短縮が行えます。

尿管ステントStent

腎臓から膀胱までの通り道である「尿管」に入れることで、 腫瘍や結石による閉塞を解除するものです。
尿管閉塞は重篤な腎障害を引き起こすことも多く、速やかに処置を施す必要があります。

ホルムアルデヒド(LTSF)滅菌器Formaldehyde Sterilizer

ホルムアルデヒドガスによって、器具に付着している細菌やウイルスを全て死滅させる機器です。
従来のガス滅菌機よりガスが簡単に無毒化(水と二酸化炭素に分解)ができる、滅菌器の中で無毒化をすることによって、環境中や私たち滅菌者、そして患者様に対しても安全な滅菌を行うことができます。